沖縄旅行に一人で行きました、時期はゴールデンウィーク前でしたので、そこまで飛行機も混んでなく、スムーズに沖縄県那覇市に到着し、向かったのが有名なちゅら海水族館です。ここはジンベイザメが有名だと聞いたので見てみたくて行きました。入場してしばらく歩くと巨大な水槽が見えてきました!日本で一番と聞いています!ドキドキでした!その場所だけたくさんの人だかりで餌やりが始まり、あまりの迫力に圧倒されました!デカすぎる!サメの中でも一番大きいとは聞いていましたがここまで大きいとは予想外でした。もう、建物の様な大きさで、餌やりが終わっても写真を取り続けました。

 

これはずっと思い出に残ります!他にも尾ひれが片方人工で作られたイルカさんもいました。人工とは思えないほど元気にジャンプ!感動しました。人間とイルカの助け合いでここまで元気になれるんですね。沖縄のゆいまーる精神を感じました。今までどこの水族館に行ってもこの感動は味わえないと心から思いました。迫力もさながら、海の生き物と人間の思いやり、助け合いも感じられる素晴らしい水族館です。本当に行ってよかったと思いました。絶対にまた行きます!この感動をこの記事を見てくれた人にも味わってもらえたら嬉しいです。沖縄に行ったら是非美ら海水族館へ足を運んでみてください!おすすめです!

名護を回る格安旅行に行きました。昔から仲の良かった友人2人と酒を飲んでいる時に、たまには違った所に飲みに行きたいなという話になりました。酒が入っていたせいか、それだったら今週末にどこか遠くに飲みに行こうということになりました。はっきりいって、酒で勢いをつけた悪ノリだったことは間違いありません。

 

どうせだったら極端に遠い方がいいということで北海道か沖縄ということになりました。コイントスをしました。表が出たら北海道、裏が出たら沖縄。開いた手を開けるとコインは裏が出ていました。

 

シーズンオフということもあり、飛行機の手配もホテルの手配も簡単にできました。沖縄に着くと早速昼間から飲み始めていました。そして日が落ちてくると意気揚々と沖縄の繁華街、松山に出かけました。そして合計5件のキャバクラのようなスナックで飲み明かしました。そして驚いたのがその安さです。5件行ったにも関わらず、3人で12万〜13万円ほどしか使っていなかったのです。満足した我々は揚々とホテルに戻りました。

沖縄が好きで過去にも何度か沖縄旅行を楽しんでいますが、殆どがビーチよりや石垣、離島にホテルを取って、のんびりキレイな海を見て食事を楽しむという事をしていましたが、先日は友人がホテルの宿泊チケットがあるから弾丸で沖縄へ行かない?と誘ってくれたので、なんと初の1泊2日で沖縄へ行きました。

 

 

宿泊したホテルはダブルツリーヒルトン首里城。首里城に一番近いホテルだと言う事でした。
何度も沖縄へ行っているのに私は首里城へ行った事が無かったので、これはラッキーだと思いました。
沖縄に到着してホテルに荷物を預けて、すぐに首里城へ行きました。

 

守礼門まで徒歩で15分程度で着きましたが、首里城へつくと本当に不思議なパワーを感じたというのか、城の色合いなどの独特さに魅了されました。
すっかり時がタイムスリップしたかのように、首里城の見学を暫くしました。

 

夜はホテル近くの人気のステーキ屋さんへ行きましたが、もう本当に美味しくてさすが沖縄だと思いました。翌日は買い物を楽しんで、帰りましたが、こんな弾丸沖縄の旅もいいなと思えました。

私は仕事がひと段落したタイミングで沖縄旅行に行くことにしました。沖縄に行った目的は観光と沖縄の海岸線をバイクで走らせたかったからです。羽田空港から那覇空港へ行き、早々にホテルにチェックインすると、早速予約していたバイクショップへ行きました。そこに待っていたのはドラッグスター1100。国内メーカーのアメリカンバイクです。

 

早速バイクにまたがるとエンジンをかけました。そして私は沖縄の北に向かって走り出しました。目的地はありません。しかし、走るコースは決まっています。沖縄一周。私はそれをするために沖縄にきたのです。恩納村あたりから景色は変わってきます。見えるものは海と空です。その日は天気もよかったので、快調にドラッグスターは風を切って走ります。名護についた頃には暗くなっていました。私は夜の海を見ながらバイクを走らせました。そして朝日が海から登ってきました。その時はなぜか笑顔が溢れてきたような気がします。昇る太陽の激しい日差しを感じながら、さらに私はアクセルを回しました。

私が沖縄に魅せられたのは、北野武監督「ソナチネ」という映画でした。殆どが石垣島でのロケで、それはそれはもう美しい海と地平線が映し出されており、何度も見ました。そこから沖縄の離島マニアになりました。私が特にオススメなのは、その石垣島で、石垣島でのおすすめスポットはこの映画のロケ地となった久宇良牧場。私有地ですが、牛が出ないようにゲートをしっかり閉めさえすれば、出入り自由にできました。

 

誰もいない海岸で、地平線の向こうは何もなく、絶景です。映画のファンは感動する事間違いなしです。それと石垣島旅行へのメリットは、そこから西表島や竹富島などの離島に高速フェリーで簡単に、短時間で行ける点です。西表島まで高速フェリーで向かい、マングローブクルーズ。そこから水牛車で由布島まで往復、そして帰りに竹富島に寄って帰るルートはもう一生思い出になる事間違いなしです。時間がゆっくり流れ、美しい海と自然があり、ハイビスカスが咲き乱れる沖縄離島はもう病みつきになります。

私の祖母は沖縄生まれで、沖縄に親戚がたくさんいるので旅行がてら会いに行ったことがあります。10泊ほどした沖縄ではグルメやイベントなど毎日色んな体験をし刺激をうけました。スキューバダイビングやカヌー、釣りやシーサー作りアメリカンビレッジなど行きましたが、中でも心に残っているのはスキューバダイビングです。沖縄の海が綺麗なのは言うまでもありませんが、酸素ボンベをつけて深くまで潜り、覗いた世界は本当に美しいものでした。海はどこまでも青く透きとおっていて、たくさんの魚と泳ぎ、初めて見るサンゴ礁は神秘的でした。

 

何年たってもこの感動は覚えています。宮古島の近くにある伊良部島もおすすめです。伊良部大橋を車で渡ったのですが青い海、空、からっと爽やかな風が気持ちよく、美しい景色にシャッター何度もきりました。夏に行きましたがあまり観光客はおらず、のんびり海で泳ぐこともできました。沖縄は雨が多いので、雨の日にシーサー作りをするのもおすすめです。自分でデザインしたシーサーが焼きあがって家に届くまでも楽しめます。日本でありながらも景色や文化が少し違う沖縄は非日常を存分に味わえます。

私自身が沖縄に行ったのは一度だけですが、沖縄出身の友人や沖縄好きの友人からよくお土産を貰います。これまで貰った沖縄土産は、ゴーヤーマン、シーサーの置物などの飾り物の他、ちんすこう、紅芋タルト、沖縄の塩、コーレグース、石垣島のラー油など。私が沖縄でお土産に買ったのは、ちんすこうと黒糖キャラメル、紅芋タルトという甘い物ばかりを選びましたが、自分が貰った場合は、甘い物よりも辛い物、調味料系の方が嬉しかったように思います。

 

ネット通販でご当地調味料を簡単に取り寄せることができますが、調味料はそれほどたくさん購入するものではないし、沖縄からだと送料の方が高くなったりします。本土ではなかなか買えない沖縄のラー油などをお土産に貰うとやはり嬉しいものです。

 

甘くもなく辛くもないもので、嬉しかったお土産はさんぴん茶です。沖縄出身の友人は、地元でよく飲んでいたそうですが、ほのかなジャスミンの香りに、南国のお茶という感じがしました。お茶は大量購入しても軽いし、日持ちもするので、沖縄土産としておススメです。

沖縄旅行を満喫した後は帰るだけ。でも大事なものを忘れていませんか?そう、お土産です。家族や恋人、友達に。はたまた自分へのお土産を買って帰る方もいるでしょう。でも、お土産にもいろいろあって悩んでしまいますよね。

 

そんな数あるお土産の中から、沖縄大好きな私がおすすめするのは「雪塩ちんすこう」。ちんすこうなんてド定番すぎてつまらないかと思うかもしれませんが、一度食べてみたらそんなこと言えなくなるはずです。なんとあのモンドセレクションで3年連続金賞を受賞している雪塩ちんすこう。

 

宮古島の地下海水を汲み上げて精製された「雪塩」と言われるパウダー状の特別な塩と琉球の伝統菓子である「ちんすこう」を組み合わせて作られているのですが、塩のしょっぱさの中に程よい甘さが交わり、まさに絶妙な味わい!これは本当に一度食べてみてほしいです。普通のちんすこうとはまた違った美味しさが楽しめます。

 

沖縄旅行に行った際にはぜひ雪塩ちんすこう、召し上がってみてほしいです!とても美味しいので、お土産としてとっても喜ばれると思いますよ。

瀬底島ビーチは、鮫避けネットなどもあり海水浴場としては、安全で綺麗です。
ただ砂地ですから、魚も少ないです。
裏とは、瀬底島のビーチでは、無いところから海に出て泳いでいます。
ここだと珊瑚もあり綺麗です。
ただ、潮の流れや危険な生物などもいますので。
危険な行為でもあるのでおすすめでは、ありません。
私が、そうやって遊んでると言う紹介だけです。
スノーケルの道具は、自分の物です。
現地のスノーケリングツアーとかに参加した方が安全で面白いと思いますよ。

沖縄のマリンスポーツは、ダイビング、スノーケリング、ウインドサーフィン、カヤック、釣りなどですね。
また、最近の新しいマリンスポーツもやってるところ有ると思いますよ。
カイトサーフィンとか。いろいろね。

おすすめは、人それぞれだと思いますが。
私は、ダイビングやスノーケリングやカヤックが面白いと思います。
スノーケリングなら青の洞窟へのツアーも有ると思いますよ。

バナナボートは、恩納村あたりのリゾートホテルで出来ると思いますよ。

社員旅行で沖縄に行くことになりました。美ら海水族館やカヤックを楽しみ、観光の王道を体験した後に時間が余り、OKINAWAフルーツランドに行くことに。

 

何があるのかよくわからないまま中に入ってみると、ロールプレイングゲーム形式で楽しむ施設でした。
30代ふたり、50代ふたり…という、十分に中年な4人で、誘拐された王様や隠れてしまった妖精さんを探す旅に出ることに。最初はばかにしていたものの、ゲームを進めていくうちに完全にOKINAWAフルーツランドの戦略にはまってしまい、最終的にはゲームをコンプリートして、ご褒美のパイナップルまで美味しくいただいてしまいました。

 

帰り際に、トイレをお借りして帰って来た男性社員が「トイレが!トイレが!」と大騒ぎ。「どうしたの?」と聞くと、いわく、男性用の小便器に「サプライズ」と書いてあったのでそこで用を足していると、突然その一角以外の全ての電気が消え「ハーレルヤ!ハレルヤ!ハレルヤ!ハレルーヤー」とハレルヤの大合唱が流れてきたとのこと。帰りの車内は大爆笑でした。

 

いろいろ素敵な所を訪れたはずなのに、いまだに沖縄旅行というと、必ずこの話になります。
素敵な思い出をありがとう、OKINAWAフルーツランド!